子宝ねっと,妊娠のチャンスのページを説明

新着記事一覧

子宝ねっと,妊娠のチャンス

子宝ねっと妊娠したい方は、排卵の2〜3日前から翌日が受胎(妊娠)のチャンスです。
一般的には、排卵日は低温期と高温期の境目(低温期の最後の日)とされています。
基礎体温表にもそのような説明が書かれていると思います。

排卵の起こる日は人により幅があり、必ずしも低温期の最後の日が排卵日とは限りません。
では、排卵が起こったことを本人が知るのはいつなのでしょう?
低温期から高温期へ移行するのには、2〜3日かかる場合が多いようです。
完全に高温期になった時に本人は「今が高温期なんだ」と思うわけです。
しかし、もし低温期の最後の日が排卵日だったとしたら、この時すでに排卵から2〜3日が経過してしまっていることになります。

通常、卵子の寿命は24時間くらい(もっと長い場合もあるようです)と言われているので、本人が排卵があったことを知った時には、卵子の寿命が終わってしまっている可能性が高いことになります。
妊娠したいと思ってもこれでは、なかなか受精のタイミングをつかむことはできません。


子宝 ねっと 妊娠したいの子宝ねっと,妊娠のチャンスのリンクについて

子宝 ねっと 妊娠したいの子宝ねっと,妊娠のチャンスのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。