子宝ねっと,不妊症治療のページを説明

新着記事一覧

子宝ねっと,不妊症治療

不妊症で悩む場合に排卵の障害があります。
この場合、排卵を誘発する薬が使用されます。
薬は不妊の状態に応じて選択されます。
排卵が長期間起きていない場合は、クロミフェンとメドロキシプロゲステロンを併用する方法がよく行われます。
まずメドロキシプロゲステロンを内服して月経を促します。

不妊症の治療、次にクロミフェンを内服します。
クロミフェンの服用を中止すると、普通は5〜10日後に排卵が起こり、排卵から14〜16日後に月経となります。
クロミフェンは排卵の問題すべてに有効というわけではありません。
特に効果が高いのは多嚢胞性卵巣症候群による排卵障害です。

不妊症の治療、このクロミフェンの治療後に月経がなければ妊娠検査を受けます。
妊娠していない場合は治療のサイクルを繰り返します。
クロミフェンの量を徐々に増やし、これを排卵が起こるまで、または服用可能な最大量になるまで続けます。
排卵を起こすのに必要な用量がわかったら、その量を少なくともあと3〜4サイクル服用します。
この方法で妊娠できる女性の多くは、排卵が起こる治療サイクルを開始してから4サイクル以内に妊娠に至ります。

不妊症の治療、クロミフェンの治療を受けた女性の約75〜80%で排卵が起こりますが、妊娠に至るのは約40〜50%です。
クロミフェン治療で、妊娠する女性の約5%は同時に複数の胎児を妊娠し、その多くは双子です。


Category 不妊症治療

子宝 ねっと 妊娠したいの子宝ねっと,不妊症治療のリンクについて

子宝 ねっと 妊娠したいの子宝ねっと,不妊症治療のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。